読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香川からインドネシアへ✈︎

世界の水環境問題に興味を持った高専生が香川からインドネシアにトビタチます。インドネシアの日常、環境にフォーカスした活動をご紹介します。【トビタテ4期、トビタテ!留学JAPAN】

実践!インドネシア語 〜飲食店編〜

インドネシア語

Selamat malam✨ こんばんは!

インドネシア語の勉強を始めてから1ヶ月が経ち、少しずつですがしゃべれるようになってきました。語学学校で語彙や重要な文法を習得しつつ、先生と雑談を挟んで、さらに休みの日に友達とインドネシア語でのコミュニケーションをとりまくることで多方向からの勉強ができています。

ただ英語と同じく圧倒的な語彙不足を感じているので、毎日コツコツと覚えていきたいと思います。

 

f:id:ohno-san:20160510002746j:plain

さて、今回はインドネシアで実際に生活していて使ったフレーズを紹介してみます。シチュエーションは、” 飲食店にて注文からお会計まで "

 

大:大野店:店員さん

(お店に入る)

店「Selamat malam, mas (お客さん、こんばんは)」

大「Malam (こんばんは)、Hali ini sudah selesai? (今日はもう終わりましたか?)」

夜の11時前にご飯を食べに行ったので一応聞いてみました。

店「belum (まだですよ)」

大「Ya, Saya mau Nasi goreng dan ES teh tawar (はい、ナシゴレンと冷えた無糖の紅茶が欲しいです)」

注文するときは「Minta ◯◯ (〇〇お願いします)」や、「Saya mau pesan 〇〇 (〇〇を注文したいです)」の方が丁寧です。

店「Maaf, (Itu) habis (すみません、今はありません)」

多分、ご飯が切れていたんでしょう

大「Ada apa? (何がありますか?)」

店「Mie goreng dan ...... (ミーゴレンと....)」よく聞き取れませんでした。

大「Jadi, Mie goreng satu dan ES teh tawar satu. (じゃあ、ミーゴレンと紅茶お願いします)」

店「Ya, Silakan duduk (はい、どうぞ座っていてください)」(言われてないけど)

・・・待つこと5分

店「Nasi goren dan ES teh, Silakan (ミーゴレンと紅茶です、どうぞ)」

大「Terima kasih (ありがとう)」

・・・ご飯を食べ終わって (Sesudah makan itu)

大「Harganya berapa? (値段はいくらですか?)」

店「makan apa? (何を食べましたか?)」会計の前の確認をしてくれている

大「Mie goreng dan ES teh tawar. (ミーゴレンと紅茶です)」

店「humm,, Mie goreng pakai apa? (えーと、ミーゴレンは何を使っていましたか?)」

大「Pakai telur. (卵が入っていました)」

店「Ya, Rp. 7.500 (tuju ribu lima ratus Rupia) (7,500ルピアです。) 」

インドネシアと日本では 1.000,00と1,000.00で数字に使うコンマとピリオドの位置が違うので注意

・・・Rp. 10.000 お金を差し出す

店「Uangnya Rp.2500. terima kasih. (Rp. 2.500のお返しです。ありがとうございます。)」

大「Terima kasih. (ありがとう。)」

 

という感じで、1ヶ月勉強しているとコンビニや飲食店などで簡単な会話ができるようになりました。最初の一週間ぐらいはコンビニに行ってお金をいくら支払ったらいいのか聞き取れなくて困っていました😂

また、良いシチュエーションがあればご紹介したいと思います。

Sampai Jumpa! それではまた!